おたのちい日々Mk.Ⅱ

日々のたわごと

2018年12月7日

 帰国のチケットが2月8日の深夜2時なのでトルコにいるのも後2か月ぐらいか

 先週副鼻腔炎とそれに付随する風邪(おそらく)のため動けず授業を休み、1週間ぶりの文学理論の授業。相変わらず何を言っているのか分からない。結果としてそうなってしまったからしょうもないんだけど取ってる授業がどれも板書が存在しないのが悲しい。先生がずっと話しっぱなんだけど90分ひたすらしゃべるわけでということは俺が追い付けるスピードなわけがなく、本当に授業中ボーっと座ってるだけである。無念

 内容も別に予習用で出される論文を読んでおけばいいだけでそこから(俺が聞く限りでは)プラスアルファの内容が話されるわけでもなく、あんまり出席する意味がないというか・・・・・・、なんというか、虚しい。というか普通にトルコ語話者の人からしたらすんげえ退屈なんじゃねえかな・・・・・・

 

 寝てるうちに布団を剥いでしまったらしく、寒さで目覚める。おかげで寝不足の思考力不足。本当に眠りに弱い人間は嫌だ。こうケミカルなマテリアルでこの体質を改善できないもんかね

 明日はトルコ語の授業。単位落とすのはそれはそれで嫌なので出るが、なんというか・・・ウン

 この授業は本当履修から消せばよかったな・・・・・・