おたのちい日々Mk.Ⅱ

日々のたわごと

アスゲン(きになるといいなあ)

TLでよくお役立ち情報をちょちょいとまとめてTogetterしたり絵付きの画像(絵付きの画像って頭痛痛いの好例だな・・・)にして教えてくれる情報屋さんがいるじゃないですか

僕ああいうの好きなんですよ、まあ嫌いな人はそんないないと思うけど

ちょちょいとね、wikiとかを真剣ににらめっこしてたら把握するまでに何分もかかりそうなことをぱっぱと何回か指をスライドするだけの量に簡潔にまとめてくれる

そういうの好き、でしてあ、はい何をいいたいのか分かりませんねすいません

そうやってスマートに物事を済ませてくれる人はいわば理想なんです

僕みたいに動作IQボーダーフリーな男からするとそういうのは本当にクールでクールで形だけでも真似してみたくなるぐらいクールで今日やってみようと思ったんですよ

 

諦めました

 

花粉症についてなんとなく調べてちょちょいと興味深いこと書いて皆をおおっと唸らせ、自己顕示欲が満たされる感覚を味わうってのをやってみたかったのですが

無理です

 

さて、僕は頭がとっても悪いのでおっきい数が好きです

長いものが好きです

単語も長いのが好き、いいよねAvrupalılaştıramadıklarımızdansiniz(アブルパルラシュトゥラマドゥクラルムズダンシニズ、意味:君は我々が西洋化させられなかった人々の内の一人なんだね。なんと1単語で文章)

そんな僕なので当然ドラゴンボールが好きです、一番好きなのは誰だろう・・・やっぱベジータかなあ、声付きだとフリーザとかの悪役も好きだけど

それにちなんで名づけました界王拳理論

何かをお出しするために裏では何倍も準備が必要というだけのことです

大したことではありません

孫悟空ベジータギャリック砲に対抗するためには4倍界王拳が必要でしたが、フリーザと戦うためにはなんと100倍を使っています

このようにお出しされたものを我々が読む時間なり労力の何倍もの、下手したら何十倍もの努力が必要なんだという話です

僕的には平常時に必要なのは10~100倍界王拳ぐらいなんだと思います、すげえ俺ベジータ倒せる

明確な定義があるわけではありませんけど例えば卒論書くときに一応曲がりなりにも論文を読みました、卒論は翻訳もあったので合計だと4万字で、僕が書いた部分は2万字ぐらいだったかな

言われてみると確実に書くためにその10倍以上の文量は読んでいたなと今さら

世の中は残念なもので常に得た物が有用とは限らない、フリーザだって常に本気でくるわけではなくて本命のデスボールは取っておいてかったるいときはデスビームとか適当な体術で襲い掛かってきます

フリーザからしたらそんな軽い気分でしょうが悟空からしたらたまったものではありません。当然ですね、ナメック星と地球の存亡がかかってますから

そんな無駄な攻撃をいなしつつも本気の攻撃がいつ来るか見極めて逆襲のチャレンジを作らないといけない

そのためには界王拳だって100倍ぐらい出来て当然、出して当然

ってそんな話じゃないですね

要するに必要なものなんてのは本当に一握りでしか出てこないなって

でもその一握りを手にするために何倍もの努力が必要なんだって話

で、多分その目安が字数でいうと自分が書くものの10倍以上は最低限でも読み込むのが必要なんだなと

そんな当たり前のことを書いています

 

友達と話していると本当に自由な発想が出来ていたり、自由な文章が書けていたりと羨ましいです。そういう友人達に最近になってようやく巡り合えたかなーって感じ

それまでそういう僕がすごいなーって思う人たちは知らない世界で働いていたわけだからどうしてもピンとこなくて

こうやって身近に面白いことをやってる人がいるとそれが参考になったり励みになったりするなあと

 

とりあえず物事をまとめる、というスキルを身に付けたいなあ