おたのちい日々Mk.Ⅱ

日々のたわごと

終戦(まだちょっとだけ続くんじゃ)

卒論発表終了しました

案の定ツッコまれましたけどそれもまあ仕方ないよねって感じ

そもそも突貫工事みたいな面があったから仕方ない

他の人の卒論発表も全部聞いたのですが(そもそんな数は無い)大体政治とか経済でちんぷんかんぷんでしてずっと大きな星が付いたり消えたりでしたね

僕以外に文学の発表する人もいたんですが雪で来られなくて残念無念であります

でも一つ面白い発表がありましてトルコ語と日本語における方言意識の違いってのは聞いてて楽しかったです

日本語だと大阪弁とか薩摩弁とか東北弁というのは特別な魅力をもった言語と見なされることが多いですがトルコだとまだそういう意識はあんまりなくてどちらかというと共通語より劣った言語という認識が強いそうです

で、中でも一等、東側の方言は非常に下位に見られるんだとか。でじゃあなんでだろうと調べると言語的特徴というよりも地理的特徴がこれに原因する可能性が高いんだとか

例えばトルコの西側は上にイタリアとかあったりしますけど東側はシリアとかと接してて不安定な地域が多いですよね。そういった危険な地域で話される方言=下等な言語という認識があるそうです

なるほどなあと感心しながら聞いていました

興味深いのは日本語だと大阪弁とか鹿児島弁とかいうじゃないですか、県別で方言名が付けられますけどトルコにはそれがないらしいですね

東南部方言とかそういった地域別でしか判断されないそうです

といってもどうもトルコだと方言の研究などに本腰入れられているわけではなさそうなのでもっと研究が進めば県別の違いとかも判明するのでしょうか

 

僕は「しょっぱい」が方言と聞いたときは本当に仰天しました。だって・・・しょっぱいはしょっぱいじゃん?塩辛いってなんだそれ!

僕の地元はそんな特徴的な方言はないのですが「しょっぱい」の他には「だべ」というのがありますね使ってるやつは大体ダサい

 

とりあえずノルマは終わり・・・といいたいところなんですがもうちょっとお直しとかしないといけないようでちょっと番外編みたいな感じですね

卒業式までに出せばいいとのことなのでそんないそぎではないのですが来月の頭ぐらいに提出すればいいかな