おたのちい日々Mk.Ⅱ

日々のたわごと

もーいーくーつ寝ーるーと

ジュンク堂の由来が創業者の父親の名前の工藤淳をひっくり返したものだってのはそこそこ有名な話であるが他はどうなのだろうか

少し調べた

 

まず文教堂ですが「文学と教育が人間にとっては重要」という考えから頭文字を取って文教堂

有隣堂は何でも論語から取られてるらしいですね。「徳孤ならず、必ず隣有り」という言葉だそうです。意味は徳がある人物は孤独にはならず、必ず理解者が現れ助けてくれるという意味だそうです

 

他はって調べようとしたけど

kot-book.com

上でめぼしいところは上がっていましたね

他は啓文堂とかはどうなんでしょうかね、出版社に啓文社があるからそこからの関連なのかな

ここまでほとんどウィキの受け売りなので自分の意見が無いわけですがとりあえずヴィレヴァンって書店って扱いってことに驚きました・・・てっきり雑貨店みたいな扱いかと思って居たのですが

参考サイトとかをきっちり明記してプチwikiとか作るのもありですかね

明日で卒論を終わらせる明日で卒論を終わらせる・・・