おたのちい日々Mk.Ⅱ

日々のたわごと

2018年2月28日

 今日で2月が終わりか、意外と色々あったかなあ

 それで明日から3月、就活の情報が解禁され始める訳である。こうあれよあれよという間に終わってしまいそうな気はする。何とか無事内定とやらを頂けることを祈るのみ

 とかんなこと思ってたらバイトの応募先にお祈りされちまったよ。あんだけ都合のいい返事しまくっても振られるときは振られるのね……

 というわけで改めて他の場所に一件応募して更に派遣会社的なやつに登録

 収入が奨学金が入ったは良いものの定期券やら飲みやら何やらであっという間に消えてしまうことは目に見えているので早いとこ安定した収入源を見つけねば

 最低でも来週からは何らかの形で働けているといいな

 トルコ語も最近は留学ショックもあってみるのも億劫だったがセイフェッティンの作品をまた読み始めている。こう時代だから仕方ないのだがそこはかとなく作者の女性への凝り固まった偏見が嫌でも目に入る。女性がらみの話だと大抵下世話なものに終わってしまうのが残念だ

 今日読んだのは「貞潔」というお話。ある医者が親族からお見合いを薦められて看護師と聞いて受けたら身なりの良くないアラブの女性がやってきて何も望まない代わりにひとつ「自分が死んでも男たちのいる墓に入れてくれるな」と頼んでくる。理由を聞けば死後に男性たちに辱められるのが嫌だからということらしい。だが医者はそれを一笑に付し、「死んで男が何をするというんだ、どうでもいいことだよ」とのたまう。その言葉に女性は激高し、彼の不潔さを詰りながら去ってしまう。その後、親族からお怒りの手紙を頂戴することになるのだが、確かに彼女のように死後であっても貞潔を保とうとする誠実さが今の白人の妻にかけらでもあればとしみじみ思うというところで終わり

 こう、今の女性が読んだらあっという間に沸騰しそうなひどい話である。しかもそこまで深いテーマがある訳でも無し…

 本当はどうであるかはさておき、自分は修論は「できることを出来る範囲で書く」ものだと思っている。今まで読んできたセイフェッティンの話は小話の域を超えるものは見られず、どういうテーマを提起し書いていくかだいぶ困り果てている。魅力的でテーマに出来るなと思えるような作品にいつになったら出会えることやら

2018年2月24日

 自宅の最寄り駅から新宿まで一本で行けるのは良いが、それでも遠いなあ。電車ってのはどうして座ってても体力削られるのかね

 留学終えていざ帰国すると刺激満載の留学生活に慣れきった脳が欲求不満になってすぐにでもまた留学したくなる…とか書いてた記事がありましたけども自分は1mmもそうなりませんな。我ながら国の重力に魂を引かれていると思う

 日本にいると不祥事ばかりのニュースやら将来のあれこれでの不安に苛まれて厭世観が強くなってしまう、そして新天地を夢見るというのは分かるけども留学するとそんな「夢見る」思いは消えてしまうね

 結局どこにいっても暮らしは厳しい、というか何かしらの制約が課されている。と思う。トルコだってインフレが止まらないし、政治状況は安定しているとは言い難いし、排ガスとかの規制が全くないしで日本人にとっての桃源郷には程遠い

 ヨーロッパだって自分はイタリアにしか、それも一週間いたかいないかぐらいだったけどもそれでもきらびやかな風景の向こう側に人々の苦しい生活が透けて見えるようだった。旅行するには理想の街だったけども住むことは考えられなかった

 多分一部の国を除いて「生きる」難易度というのは大きく変わらないのだ。頼みもしないのにわずらわしい「生きる」が言い寄ってくる。束の間の、夢のような非日常を味わう旅と違い、留学とは「非」を取り外すのが目的だろう。そうなると「非」に隠れていた「生きる」が浮かび上がってくる

 ただ難易度は変わらずとも相性というものはある。留学で魅せられた子たちは歯車がキチっとはまったのだろう。かみ合った子は幸いである

 しかし、留学で皆が皆そんな幸せな体験が出来る訳ではなくて、多かれ少なかれ苦しい体験をする子は出てくるだろう。そんなとき、どういう心構えをするのが良いのか。もう関係ないことであるけども考えてしまう

 これに明確な答えはない。自分は月並みであるけども「得たいもの」を考えておくことが大事だと思う。ただそれはカチカチであってはいけない。不測の事態が不測ではない留学に置いてそんなものは命とりである。計画と実態のギャップに苦しむに決まっている。漠然と「なったらいいな」ぐらいにとどめておくのが吉である

2019年2月21日

 妹の英語の勉強用にプリントを作成するのはいいのだがそこに逃げているような気がしてならない。自分のやるべきことはなにもやらず。伝説の無気力モード、就活だの修論だのの下準備をしなければならないこの時期に始動。震えろ

 何か右上側の歯が一つ心もとない気がする。ただでさえ無気力な今、こんなわずらわしいことをやると一日何もしなくなるのが目に見えているのだが口腔外科に行かないといけないかもしれない。明日、遅くとも明後日には多分行くことになる。正直全く気が進まない

 それと明日はバイトの面接。受かることを祈るのみだ。現在絶賛ニート中なのは心によろしくない。こう家族における発言権が小さくなる感じが好きではないのだ。もっとも修士2年をポイポイ雇ってくれるかは不明だが…

 明日から心機一転してたくさん勉強したい。ひたむきにならねば、なんか今の内に頑張っとかないと年末に本当の地獄を見ることになると俺の中のゴーストが囁いている。

 

 この一週間近く笑えるぐらいセイフェッティンに触れなかったのでその遅れをかなり取り戻したいと思う今日この頃。後修士の文学の論文読んで何か糸口をつかみたいな。先輩に聞こう

2018年2月19日

 昨日おとといはパラダイスでした

 弓道部の仲良し一行で箱根旅行でそこから図書委員の面子と司書さんをお呼びして飲み会。社会人の友人に月曜の飲み会に誘うのは心苦しかったが、許してくれい

 どっちの集いも数少ない自分がホッとできる空間でこういつまでも大切にしていきたいなぁなんてそんなおセンチなことを考えてしまう

 この時期になると否が応でも進路という話題がトレンド入りしてしまうわけで友人たちがそれぞれ覚悟キメて将来のことを語らっているのを聞くのはあっちをふらふらこっちをぶらぶらしてしまう自分にとっては若干首をキュッとされている心地がしなくもない。でも興味深いなと思うのも確かな訳で、楽しく聞かせてもらった

 僕の周りがそうなだけという話かもしれないが、彼らの話を聞いていると「~したくてここで働く!」っていうよりは「趣味やら生きていく為の資金源のため働く」ことを考えている人が多めな気がする。アルバイトの延長線上なのだろう。「ために働く」のか「働きたくて働く」のか。どっちが自分にあるのか考えねば

 

 

 富士山はすごい

 箱根旅行で富士山を望める露天風呂と謳う旅館に泊まった

 風呂にはメガネをかけないので大して見えないだろうと高をくくっていたが愚かだった。日本一位は伊達じゃない。確かにそれはあった。近眼だろうと構わない、それでも目に焼き付けておけよと言わんばかりに目の前に立っていた

 近眼というとまああまりメリットを感じられないのだろうがたまに目悪くて良かったなと思うときがある。このときがそれだった。近眼ゆえの輪郭の不確かさが富士を一個の山というよりも一つの高位の存在としてこちらに訴えかけていた。あのぼやけた具合がかえって富士の霊気をこちらに見せてくれている気さえするのだ。これは眼鏡をかけるものにしか分からない快楽であろう

 富士を堪能してからなにげなく周りにも目をやるとこう、裏方がいることに気が付く。それは岩だったり、木の枝だったり、澄み渡った空であったり。それらすべてが味わい深い良いものだ。それなくしてこの富士の霊気を感じることは出来まい。視力は致し方ないが、これからも彼らに気が付けるような眼だけは失いたくないとそう思った

2019年2月16日

 需要があるかは知らないがトルコ留学中の記事はタグ付けして読めるようにしておきたいなあとか思い始めた今日この頃

 パソコンがやばい。これは実家のパソコンで記事を書いている。企業ロゴの画面が出てから応答がさっぱり。見るとHDDランプが消えているので動くわけがない。時たま運がいいとログイン画面までこぎつけるのだがパスワードを入れても「良く頑張ったね☆ご褒美のブルースクリーンだよ♡」と泣きっ面にスズメバチ。多分調べればもう少しやりようがあるとは思うが。なんとかセーフモードに行ければ……。windows7まではFキーを起動中に押せばセーフモードに入れたらしいのだが生憎俺の使っているのは8.1だから入れないのである……。本当は勝手にセーフモードへの案内が出るらしいのだがそれすら出る様子もなく。ちょっとあきらめた方がイイのかな?

 バイトが決まって収入が入るようになったらパソコンを購入したい

 

 膿が良くならないので耳鼻科にGO!花粉シーズンの大行列を最近買ったオスマン帝国の本を消化しつつ一時間、ようやく呼ばれて検査を受けたのだが

 どうも副鼻腔やら蓄膿といった類の病気ではないらしい。そこらへんに異常はあまり見られないとのこと。感心?というか医者とはそういうことも分かるのかと思ったのが「この膿の臭いは蓄膿じゃないね」と話したこと。歯周病のそれに近いらしい。これが”プロ”か…。親知らずを抜いたあたりのところから膿が出ているとのことで現状ではそれ以上のことは分からないとのこと。歯医者に紹介状を書いてもらって東海大学の口腔外科で診察してもらいなさいと言われて今日は終了

 何か思ったより厄介な病気の様だぞ…めんどくせえ。場合によってはCTスキャンとかも必要かもとまで言われてしまった。俺に何したんだトルコ!!!

 

 本当気休め程度だが妹の期末試験が近いので英語を見ている。苦手意識(こればっかりは仕方ない。中学生~高校生からしたら英語なんて未知なるモノでしかない)をなんとかしてぬぐえないかと模索中。ただ俺の時と違って致命的なアレルギー症状は出てないのでそこが救いかもしれない

 どうせ高校に入ろうと大学に行こうと付き合うことになる英語なので土台だけでも盛ってやれればと思う

2019年2月15日

 お久しぶりです、一週間ぶりぐらいの更新かな

 パソコンがちょっとお亡くなりになりかけてたのと(生まれて初めてのブルースクリーンである)、適応に時間が掛かったので更新がだいぶ遅れてしまった

 今更だけども無事に日本に到着。半日のフライトも4度目となると多少は慣れるというかなんというか、いやストレスではあるんだけども耐えられるものであった。9月の時とか「本当につくの?」とか考えちゃったのを思えば成長したものである。そういえば時差ボケも思ったほどやられなかった。数日ぐらいで平常運転。そのノリで親知らずをパージ!!!

 膿の原因かどうかは定かではないが親知らずの歯茎が炎症を起こしているということはトルコでも知らされていたのでとりあえずやった。麻酔の注射が思った以上に痛かったのと抜く時の音が結構グロテスクですねアレ。幸いにも今回抜いたところは抜きやすい歯だったらしく、すぐ終わった。根が鍵状になっている人とかは難儀するそうですけども。麻酔切れた後の痛みも思ったほどでは無かったかな。ロキソニンは結局一錠も服用せずに終わった。……が膿が治まったわけではないようである。化膿止めは飲んでいるのだがあんまり効果出てないようなのと不意に口腔を悪臭が充満するのは相変わらずである。後で歯医者に再び行くので様子を見てもらうことにする

 帰国してから一週間(先週の金曜20時あたりに到着した)経って色々料理食べたけどやっぱり日本の方がトルコ料理より肌に合うなと感じる。……それとやっぱりトルコ料理って高級なの以外あんまりおいしくな…ゲフンゲフン。こう、米が美味しいと日本に帰ってきたなという感じがすごいする。やっぱりしばらくは日本で暮らしたいなあ。海外はしばらくノーサンキューっす

 トルコの思い出の総括…とかほざいてたけどいざ書く段となるとあんまり思い浮かばないな、いや結構影響は受けたと思うし勉強にもなったんだけど改めて書く気になれないというか、今まで書いたことがある意味全部ではなかろうか。多少は人との接し方が上手くなった…と信じたい

 いや、トルコに来て「熱気」を知ることが出来たのは僥倖であったと思う。こればかりは日本に居ては知るのが難しかったのではないだろうか。多くの人が同時にしゃかりきになっているという場面をこの目で見ることが出来たのは本当に収穫であった。自分も大きな熱源になれるよう精進していきたい

2019年2月8日

    終わりじゃないぞよ、もうちっとだけ続くんじゃ

    洗濯物乾いたの確かめてキャリーケースにぶち込んで、ササっと掃除して家を出る。家主は起きたときには仕事に行っていた。大学に寄って先生に挨拶、行きつけのカフェに行ってまた挨拶、そして最後に寮への挨拶を済ませる

    そこでアタテュルク空港への経路を調べるも徒歩16分のルートを推奨してくるという30kg近くの荷物持たせて16分歩くとかバカかてめーは???な行為をお見舞いしてきたので無視。時間は多少かかるものの自分にとって楽なルートを考えて空港に向かった

    高速バスから鉄道へ乗り継ぎ空港着。手荷物検査。まさかのパソコンを起動させろの指示には参った

    そう言えばアメリカとかだとやらされるんだっけなーとか思い出しつつ重いキャリーケースを開けて、起動確認。パソコンに見せかけた爆弾とかあるんだっけ。トルコは今バケーションシーズンだから警戒してんのかな…

    今までなかったからびっくりした

    空港でチケット発行。重量制限引っかからなくて良かった…。23.6kgだったからちょい超えだけどそこら辺は大目に見てくれた

    で、今は暇を持て余し中。さりとてこれまでの半年を振り返るほどの時間もなく、駄文をこねくり回している

    少なくとも得られるものは多かったと思う。多分少し自立の精神を養えたのではないだろうか。無意味ではなかった。結果としてこの留学は自分にとって必要なものだった

    ただ、すごい疲れた。日本に帰ったら美味いもの食ってぐっすり寝たい

    多分帰国したら更新頻度はがくっと下がると思うけどもまあそこはそれ。この半年弱しょうもない俺のトルコへの愚痴を聞いていただき恐縮の極みである

    今度こそお終いにござる

    それでは今度は日本で